思考 知識

自分はダメだと思ってしまう理由

自分はいつもダメダメで何も出来ない

 

そう思ってしまうことはありませんか?

 

今回はこんなお悩みについて解決していこうと思います。

 

それでは記事の概要からお伝えします。

 

この記事の概要

1.起きた出来事によって自己評価を変えている

2.常に悩みを抱え続けてしまう

3.自分だけがダメだと思っている

4.ダメだと思ってしまう理由は?

5.まとめ

1.2.3番では、ダメだと思ってしまう具体的な原因を説明し、その後の4番ではそれらをまとめて一言で言い換えています。

 

それでは順番にみていきましょう!

 

1.起きた出来事によって自己評価を変えている

 

良いことが起きた時、他人に「よくやった」と認められた時、そんな時に初めてあなたは「私は私のままでいいんだ」と感じていませんか?

 

では逆に、運の悪かった日や、他人から「これはダメだ」と言われた時「本当に私はダメな人間だ」と自己評価を物凄く下げてしまっていませんか?

 

他人からの評価を気にして自分を受け入れられないと、常に人生においてストレスがかかり続けていしまいます。

また、自分に不運が降り掛かって来た時にも同じことが言えます。

 

どんな時でも「私は私のままでいい」と感じることが出来れば、人生の見方も変わってくるでしょう。

 

失敗や、良くないことからは学び、良いことが起きれば自信に繋げることで、思考のネガティブを減らしていきましょう♪

 

2.常に悩みを抱え続けてしまう

 

悩み事を抱えていると、「解決できないダメな自分」と思い込んでしまいがちになります。

 

悩みがないということは「心に何の曇りもなくスッキリしているクリアな感覚」ということです。

 

もしも悩みを抱え続けているのなら

「今この瞬間」に集中出来るようにしましょう。

 

もちろんその悩みを解決しなければいけない時は来ます。

しかし、悩み続けて本当に良い答えが出せるのでしょうか。

ただ「今この瞬間」に目を向け、一旦心をクリアな状態にすることで、見える景色や考えの幅も広がります。

 

目の前のことに集中している時には、ネガティブな感情は一切生まれません。

重要なのは「自分にとっての最善」を選ぶことだと思っています。

 

バイアス(潜入感)や常識、人の意見などに左右されることなく、「自分はどうしたいか」がはっきりと分かる状態まで、心をクリアにしてみましょう。

 

「自分はダメだ」と思い、何かを悩み続けていることは、果たしてあなたにとっての“最善”になるのでしょうか。

 

3.自分だけがダメだと思っている。

 

悩みを抱えていない人などいません。

 

目の前にいる仕事が出来る上司も、幸せそうな同僚も、きっとどこかで悩みは抱えているはずです。

そしてどこかで「自分はダメだ」と落ち込んでいるところはあるでしょう。

 

あなたは他人の前でも「自分はダメだ」と言い続けていますか?

 

そんな人はあまりいないですよね。

 

あなたを羨む誰かも絶対に存在しています。

そしてそんな人からは「あなたは色々できて良いな」と思われているはずです。

 

どこまでいっても他人の人生を見ることは絶対に出来ません。

だからこそ、隣の芝が青く見えてしまうものなのです。

 

4..ダメだと思ってしまう理由は?

 

「プライドや競争意識があるから」

 

ダメだと思ってしまう精神状態にいる時、あなたは「自分中心」で物事を捉えている可能性があるのです。

「ダメな私」「あの人に良いように見られたい私」「私の成功」と、世の中の全ての中心に自分がきてしまいます。

 

さらには過去の経験から「私は○○というトラウマがある」「私は今体調が悪いから」といったアイデンティティ(他の人と区別する概念)をつくったりもするのです。

 

このような負のループをしないためにも

「プライドや競争意識は悩みの種である」

と覚えておいてください。

 

これらが劣等感を感じる原因になり、そして「自分はダメだ」と思ってしまう理由にもなります。

 

5.まとめ

 

自分はダメだと思ってしまった時、そこからどう改善するか、その自分をどう捉えるかが重要になっていきます。

 

具体的には上の3

ポイント

1.起きた出来事によって自己評価を変えている

2.常に悩みを抱え続けてしまう

3.自分だけがダメだと思っている

これらをしていないか意識するようにしてみましょう。

 

失敗や、良くないことからは学び、良いことが起きれば自信に繋げることで、思考のネガティブを減らしていきましょう。

そして、悩みを抱えてしまったら「自分にとっての最善」を選んでみましょう。

自分だけがダメなのではなく、全員ダメだと思う部分は抱えています。

1人だけだと思わないで、「そういうものだ」と思える気持ちも大切になるかもしれません。

そして、「プライドや競争意識は悩みの種である」ということ。

 

今回の記事ではこれだけでも覚えていただけたらと思います。

みさきのTwitter

https://mobile.twitter.com/why_misaki

よければフォローお願いします!

-思考, 知識
-,

Copyright© 知識の展示場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.