心理学 知識

執着心の正体とは?正しく理解しよう

彼氏・彼女や、何かの物事に囚われすぎてそこから離れることが出来ない

 

こんなことはありませんか?

 

人間は誰しも「自分のものにしたい」という執着心を持っています。

しかし、その想いが強すぎるとあまり良いことはありません。

今回はそんな「執着心」に焦点を当ててお話していきたいと思います。

 

執着心を正しく理解することで、固執してしまっていた思いから抜け出すこともできるでしょう。

 

目次

  • 執着心とは
  • 執着心が強い人の特徴
  • 執着心をなくす方法
  • まとめ

1.執着心とは

執着心とは、人や物、出来事に対して非常に強く固執してしまう心の状態を言います。

執着心が強いと、1つの物事に固執してしまい離れられなくなってしまいます。

具体例を挙げると、彼氏・彼女に束縛や依存をしてしまっている人は、この執着心が強いと言えるでしょう。

 

2.執着心が強い人の特徴

 

・束縛してしまう

執着する対象が物事ではなく人の場合、多くは束縛や依存をしてしまいます。

「絶対に離したくない。この人じゃないと嫌だ」こんな気持ちから、相手に固執してしまい離れられなくなるのです。

束縛を好んでいる人以外に束縛しても良いことはありません。

一時的な安心感は得られるかもしれませんが、相手が嫌がっている場合その束縛はデメリットでしかないのです。

 

人を束縛してしまうのではなく、自分がその人だけに執着しなくても良いように新たな趣味を見つけたり繋がりを作ることが出来ると良いですね。

 

・暇な時間が多い

仕事や趣味など、何かに没頭している時間が多い人ほど他人に執着している暇が無いので、人に対する執着心も薄れていきます。

何もしていない、予定のない時間が多ければ多いほど執着している対象のことが気がかりになり、「私にはこれしかない」という依存思考にも陥りやすいです。

予定を埋めたり、執着してしまう対象のことを考えないスケジュール作りを出来ると良いですね。

 

・プライドが高い

プライドが高いと、失敗を恐れる傾向にあります。

失敗を恐れるということは、他人に裏切られることも恐れています。

「失敗してはいけない、他人に裏切られてはいけない」こんな思いが強いと執着に繋がりやすいのです。

プライドが高いのは自信の無さの裏返し。

否定をされるとすぐに敵対してしまったり、逆に尊敬してくれる人や尊敬できる人には執着してしまいます。

 

3.執着心をなくす方法

 

・執着していると自覚する

執着心を無くすために、これが1番大切なポイントになります。

まずは執着している自分に気づき、認める事からはじめましょう。

執着している物事や人に対しての具体的な理由などを出すことが出来るとより効果的です。

 

・夢や目標を立てる

執着心が現れる条件として、必ず「暇である・時間がある」ことがあります。

何かに夢中になって取り組んでいる人は、他人に対して執着している暇などありません。

なので、執着心が強い人は夢や目標を立てて、その人や物事無しでも人生に楽しさを見い出せるようにしてみましょう。

目標を達成することで自信が持てるようになり、何かに依存することなく自分らしい生き方をすることもできます。

 

・「広く浅く」生きる

執着心が強い人は「狭く深く」という意識で動いてしまっています。

限られた人としか遊ばない、限られた事しかやらない。こんな思考があると、11つの物事に対して執着心を抱いてしまうでしょう。

「広く浅く」を意識することで、様々な分野に触れることができ、様々な人にも会うことができます。

1つのことに執着するのではなく、多くの分野に触れることで依存体質から抜け出しましょう。

 

4.まとめ

今回は「執着心」についてお話しました。

執着の対象は人であったり物であったりと様々ですが、何かに依存する人生よりも自分らしい人生の方が楽しそうですよね。

執着心があると自覚している方は、この機会に意識してみてはいかがでしょうか。

変わりたいと強く思えば思うほど、きっと上手くいきますよ♪

-心理学, 知識
-

Copyright© 知識の展示場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.